mountain house


リハビリで山野草追っかけを目指して・・・
by mossan0
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳
はるさん こんにちは・・・
成生岬の先端と云うことは魚釣りですか?
Sさんがイベントの船で行かれた大スダジイ
の尾根を上がると三角点があり、そこから
先端へ降りる北の尾根は、少し厳しい藪の
ようでした・・・少し雪の残る方がいいか
も知れません・・・
村から魚付き林沿いに2度入ってますが、
三角点下の平地のヤブが酷くて、登りにか
かるころには時間切れでした・・・
金曜日は福知山でしたが、植物園へ立ち寄
ったときにその醍醐寺コースの話をしてた
んですが・・・やはり被害が出てますか?
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ノギク
at 2017-10-16 10:13
そろそろ終わり・・・アキチョウジ
at 2017-10-15 09:39
オケラ満開
at 2017-10-14 11:01
西日を受けて・・・ヒガンバナ..
at 2017-10-13 13:16
トリカブト
at 2017-10-12 10:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 07月 25日 ( 1 )


ヒオウギ

先だって、折れたヒオウギのときに、この花には由緒があって・・・
なんて書いたような気がしているが・・・
実は、この花・・・湖北の山の広い尾根に群生していた1本である。
カタクリや黄葉のころに、利用者がほとんどないその尾根を登って
知っていたが、ある夏の梅雨の晴れ間に咲いているのを見ようと登
ったら、見るも無惨に地際から全てが刈り取られ、何本かは引き抜
かれて、干からびたままうち捨てられていた。
や・ら・れ・て・る!! と、遅れて登って来た相棒に一言・・・呆然と二
人で立ちすくんでいた。尾根の端から端、上下に分れていた群生地を
見て回ったが見事に1本残らず切られていた。とても一人では持ちき
れない量だから、業者がやったと決めつけて、当たるところもないし、
干からびた根付きの1本を土産に持ち帰った。
その干からびたのが奇跡のように生き返って、翌年綺麗な葉が生え、
3年目?の昨年とうとう花をつけたのだった。
d0178082_98364.jpg

でも、何故堀採らずに地際で刈っていたのか? 疑問に思っていたら、
翌年訪れた下の集落の方が、祇園祭時期にこの葉を京都へ運ぶと高
く売れるからじゃないかな? と、教えて下さった。
と、云うことはこの尾根ではいつも花より先に、誰かがいつも刈り取って
しまうから、花を見ることはあり得ないと云うことになる。惜しいなぁ~
[PR]

by mossan0 | 2010-07-25 09:13 | Comments(2)