mountain house


リハビリで山野草追っかけを目指して・・・
by mossan0
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
> ikikko104さ..
by mossan0 at 20:11
こんばんは。 今日は先..
by ikikko104 at 19:12
> はるさん こんにちは..
by mossan0 at 16:16
 これは素敵ですねえ、葉..
by はる at 13:43
> つかさん こんにちは..
by mossan0 at 11:26
こんなへんちくりんなクガ..
by つか at 10:33
> ikikko104さ..
by mossan0 at 09:37
こんばんは。 愉しい時..
by ikikko104 at 00:51
> nabecyanさん..
by mossan0 at 09:35
PC動いていますね! ..
by nabecyan at 09:06
メモ帳
はるさん こんにちは・・・
成生岬の先端と云うことは魚釣りですか?
Sさんがイベントの船で行かれた大スダジイ
の尾根を上がると三角点があり、そこから
先端へ降りる北の尾根は、少し厳しい藪の
ようでした・・・少し雪の残る方がいいか
も知れません・・・
村から魚付き林沿いに2度入ってますが、
三角点下の平地のヤブが酷くて、登りにか
かるころには時間切れでした・・・
金曜日は福知山でしたが、植物園へ立ち寄
ったときにその醍醐寺コースの話をしてた
んですが・・・やはり被害が出てますか?
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


ヤブミョウガ

昨日はたまたま出会った方に、由良川沿いを舞鶴から
大江(現福知山市)に入ったすぐの高津江集落の滝を
整備はじめたと聞いた。
午後早速見に行ったが、細い林道の手前で駐車して、
木陰の林道を奥へ歩く。すぐに橋を架ける工事現場に
出てユンボ2台と軽トラ1台・・・若い作業の方が2名で
型枠を作っておられた。川を渡り少し上がると、道が未
整備・・・それまで切られていた竹も残り、土砂がずった
ままの場所もある。その上小さな堂宇のある滝に着くと
水は滲みているのか岩は黒かったが、流れは見えない。
また雨の続いた後などに来ることにして、早々に諦めて
帰途についた。
d0178082_921778.jpg

帰りに久田美の波切不動の滝に立ち寄ると、こちらも滝
はあるが、水量が少なくて以前の写真の方が良いので
撮らずに帰ろうとして、すぐ傍に咲く花に気づいた。
この花は午後には雄しべから順に折り畳むように蕾状に
なるようだが・・・未だ3輪開いていてアブが来ていた。
[PR]

by mossan0 | 2010-08-31 09:38 | Comments(0)

クルマユリ

今日もどんどん日が高くなり、暑くなって来た。
連日撮っていないので餓鬼山行の高山植物で
お茶を濁しているが、さすがに気が引けている。
で、どうする? って云われても・・・ものがない
のだから・・・と、懲りずにそれも2度目の花、
クルマユリとは・・・困ったものだ・・・
d0178082_916187.jpg

人間歳をとると厚かましくなる・・・と、云われるの
を逆にとって・・・どうどうと厚かましさを表に出し
て乗り切ろうとする。これはもう完全な老害である。
他人事のように、世の中老害が多すぎると思って
いるのも老害中の老害・・・でも、反省できない。
嫌だねぇ~!!
[PR]

by mossan0 | 2010-08-30 09:20 | Comments(0)

コマクサ

寝ている間は爽やかな風が気持ちよいが
朝の光が差し始めると一気に空気が暑く
なる。少し動くと汗が噴き出て流れ出す。
西日が厳しい私の部屋は朝のうちはまだ
ましだ・・・
今日は間もなく福知山に出かけるので、
また餓鬼岳の遺物で誤魔化すことにな
った。
d0178082_823368.jpg

小屋のすぐ傍に咲いているのだが、以前
より随分少なくなっている。
唐沢岳まで行けば沢山あるのだろうが、今
回のようにバテバテでは、とても往復5時
間のコースに出て行く余裕はなかった。
でも、最近はこの唐沢行きのために餓鬼岳
小屋に2泊する方も多いそうだ。
以前は唐沢行きは午前中で、その続きで
一気に下山してしまうのが普通だった。
でも、今回下山の5時間だけで十分だった。
[PR]

by mossan0 | 2010-08-29 08:34 | Comments(2)

花後のチングルマ

ちょっと暑さに・・・と、云うより、連日の37度は
・・・低山にはとても出かける気が起こらない。
新しい絵の会が発足して、福知山市展に全員
出品することが決まったため、年1作ののんび
り屋の私には大変・・・コンテスト用でなく、自分
の好きな画題にと、準備をしていたのを急遽格
上げした。参加することに・・・をモットーに、猛暑
の中・・・エアコンのない部屋で時折紙の上に汗
を落として、慌てながらもなんとか目鼻をつけた。
今日は、そんな未熟な作品を、みんなでくさし合
う例会が、午後から綾部である。
d0178082_9215395.jpg

と、云うことで写真が払底・・・昨日に続き餓鬼岳
の花が終ったチングルマでお茶を濁すことに・・・
[PR]

by mossan0 | 2010-08-28 09:24 | Comments(2)

ミヤマホツツジ

餓鬼岳の花のうち、見当違いを探していたのか
・・・いつまで経っても花の名が判らないのが残
った。と、云ってこの全体の感じは下界でも見て
いるような気がしていた。
いつまでも関わっているほど暇でもないので・・・
とうとう救援を求めるとすぐに返信をもらった。
こんなことならもっと早く聞けば良かった!
と、今頃後悔している。
d0178082_929747.jpg

いよいよ8月も終盤・・・
連日37度の猛暑に、秋を忘れかけていたが、考え
たらこの花を撮ったのは8月の初めなのだった。
くちぐせになったが、やはり日が経つのが早すぎる・・・
[PR]

by mossan0 | 2010-08-27 09:32 | Comments(2)

イワタバコ

またまた半端なイワタバコ・・・
この日池河内林道へ入ったのは、駒ヶ岳~木地山峠
間に延びる尾根の取付きまでの林道を見ておくのが
一つの目的・・・
主目的はR303旧今津の峠の保坂へ行き、久しぶりの
出会いを楽しむためだった。店が11時開店なのでその
前に・・・と、こちらの林道も見ておくことにした。ところが、
車を早くに乗り捨てたため、取付き点から少し上がって
見たり、隣の林道を少し上がって見たりしているうちに
大汗を掻いてしまう。
滝口へ上がったころにはすでに1時間以上も歩き回って
いた。挙げ句の果てにスニーカーだったのと時間に追わ
れ、対岸に渡れずメインの滝が撮れず、いつも口癖の
また、次にすぐ来るから・・・で終ってしまった。
d0178082_923498.jpg

ここは小滝の連続のような場所だから・・・巻いては沢沿
いに戻りの繰り返し・・・動いたわりに撮っていない。唯一
イワタバコが多かっただけが救いだった。
[PR]

by mossan0 | 2010-08-26 09:45 | Comments(2)

スイレン

昨日は江若国境のブナの稜線へ至る尾根の
取付き点がある林道の様子を、しばらくぶりに
覗きに行った。
林道に入る前に明通寺に立ち寄り、工事中の
三重の塔の様子も覆い越しに見て来た。
丁度庭の池に白いスイレンが沢山咲いていた
ので撮ってみた。
d0178082_973973.jpg

昨日はあちこちで夕立があったようだが、こち
らは1滴の雨も降らず・・・37度を超えていたよ
うだ。R303峠付近の料理屋でお客が、上中で
豪雨に出会ったと云っておられたので、涼しさを
期待しながら帰路に着いたが、すでに道は乾き
微かに道路脇の土が濡れていたり、凹みに水が
見られただけ・・・打ち水効果よりむせ返る暑さに
切っていたエアコンを入れて帰って来た。
[PR]

by mossan0 | 2010-08-25 09:13 | Comments(0)

チョウトンボ

サギソウの自生地からの帰りは、篠山ICへ戻らず
旧黒田庄町のフォルクスガーデンへ立ち寄った。
ここは妙見・白山に登るときや、すぐ近くの東播磨
日時計の丘公園基点の三角点山周回登山・杉原
山やコブ岩登山・・・などの際にも立ち寄ることが多
い。
池の雷魚が気になっていたが、今は沢山の幼魚も
一緒になって泳いでいる。と、ひらひらと変なトンボ
がガマの穂先に止まった。望遠で引っ張っても大き
くUPは無理だが・・・なんとか普通のトンボと違うと
云うことは判るくらいには撮れる。もう1匹が来ると、
じっくり止っていてくれない。それが、次々と5匹にも
なって飛び回るので、結局は最初に見つけた1匹だ
けのときの数枚で終ってしまった。
d0178082_15404260.jpg

今日は、R303を滋賀県に入って最高部をトンネルで
抜け、すぐ先にある朽木方面への信号で右折すると
右から旧国道と合流する、この合流点にある料理屋
「保坂」のご夫婦に会いに行って来た。土曜日にDVD
が送られて来て、同封の書信に月曜日の定休日には
「三重」に行くとあったから・・・久しぶりに会って三重の
土産話でも・・・と思ったから・・・
ところが、三重は店から遠くない「三重岳(さんじょがた
け)」のことだった。セミプロのビデオ撮影家だが、山は
ど素人・・・でも、山野草はこの夏というのに良く咲いて
いたと云って喜んでいた。
[PR]

by mossan0 | 2010-08-24 15:52 | 生き物 | Comments(2)

再度サギソウ

サギソウの自生地への踏み跡に1歩入ると
裾がずぶ濡れ・・・とても夜露だけとは思え
ない濡れようである。小さい花は露の塊に覆
いつくされ、写真に撮っても何の花なのか判
らない状態だ。
少し待てば強い日差しにすぐに蒸発するのだ
ろうが、その頃にはこちらも干上がってしまう
連日の暑さだ。
軟弱が優先し早々に写真を撮って退散するこ
とに・・・自己決定・・・
d0178082_8583972.jpg

奥の自生地へ向う途中で、三脚とカメラを持っ
て帰られる若い方とすれ違い、奥で撮影中に
1人来られた。奥から帰りの林道の途中で、
例年出会う自生地保護に熱心なおじいさん?
とすれ違った。
花の数はどちらも同じくらい咲いていたように
思う。
[PR]

by mossan0 | 2010-08-23 09:11 | Comments(2)

サギソウ

夏の土日は車が混むので動かないようにしている。
でも、花だけは1日違っても変わってしまうので、
昨日予定の空いた朝のうちに無料の高速を使って
篠山まで走った。
現地の草むらは雨でも降ったかと思うほど朝露が
酷く、UPに撮ると現物と違うように見えるものもある。
d0178082_9203767.jpg

この花だけは朝露がなかったが、写真としては朝露
たっぷりの方が良いのか・・・迷いつつの掲載である。
[PR]

by mossan0 | 2010-08-22 09:23 | Comments(0)