mountain house


リハビリで山野草追っかけを目指して・・・
by mossan0
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳
はるさん こんにちは・・・
成生岬の先端と云うことは魚釣りですか?
Sさんがイベントの船で行かれた大スダジイ
の尾根を上がると三角点があり、そこから
先端へ降りる北の尾根は、少し厳しい藪の
ようでした・・・少し雪の残る方がいいか
も知れません・・・
村から魚付き林沿いに2度入ってますが、
三角点下の平地のヤブが酷くて、登りにか
かるころには時間切れでした・・・
金曜日は福知山でしたが、植物園へ立ち寄
ったときにその醍醐寺コースの話をしてた
んですが・・・やはり被害が出てますか?
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ノギク
at 2017-10-16 10:13
そろそろ終わり・・・アキチョウジ
at 2017-10-15 09:39
オケラ満開
at 2017-10-14 11:01
西日を受けて・・・ヒガンバナ..
at 2017-10-13 13:16
トリカブト
at 2017-10-12 10:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧


最後の夕照雲

昨日もほとんど曇り、今日もうっとうしい
空模様でパラパラと降っている。
先日の好天の夕、窓の外が明るくなり
ふと窓の外を見ると青い空に浮かんだ
雲だけが赤くなっていた。
丁度、机の上に出していたカメラで撮っ
たが2・3分で消えてしまった。
今日の空に対抗して画面だけでも・・・
d0178082_9153796.jpg

これから毎週末は文化祭のいろいろな催
し物があり、絵や写真のクラブ展回りが忙
しくなる。
山の催促を無視してしばらく展覧会回りの
季節である。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-21 09:18 | 風景 | Comments(0)

アイ

最近福知山へ行くのに高速で綾部まで走り、
綾部ICからは由良川を挟んで、右岸を走った
り、左岸の農道を走ったり・・・
福知山高校近くだから、高速を使うとまた戻ら
なくてはならないし、R175では三段池付近か
ら、ついついルートを迷うので・・・それなら、55
才で退職して通った職業訓練校へのルートが
気分的に楽だと感じて・・・
そんな中、毎年藍が植えられている場所がある。
たまたま先日通りかかると花が咲き始めていた。
同じ仲間でもタデより随分色が濃い感じがする。
d0178082_905519.jpg

昨日の午後から描きかけのクレインブリッジの
部分で、判らないところがあったので確認に行き、
さらに次の画材?として予定している沈船の古い
ロープの絡み具合を・・・と出かけた。ところが、沈
船の方はほぼ引き上げられ、内部に捨てられてい
たブロックも無くなり、全く様変わり・・・いよいよ自
分の想像力で描くより無くなった。
おまけに、近くにあったハナタデの群落の写真が
帰宅後のパソコンの処理ミスで全て消えてしまっ
て、慌てて今回のアイをピンチヒッターに使うこと
になった。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-20 09:08 | Comments(0)

センブリ

昨日は予定通り今月3回目となる、名田庄の槙谷へ行った。
ただし滝が目的ではなく、久しぶりの八ヶ峰登山である。
小松谷の森林公園方面との分岐に駐車して、林道を染ヶ谷か
らの巡視路との合流点まで上がる。以前はこの林道はほとんど
使われていないようだったが、今回はタイヤの跡が残っていた。
尾根上に上がると林道は先に下っている。多分染ヶ谷のキャンプ
場に降りているのだと想像している。左の尾根下部側には登山道
とあるが、これは染ヶ谷の古い車道から上がる巡視路である。
右に折れ八ヶ峰の表示の通り尾根を登って行く。こちらも以前より
広く車が上がっている形跡がある。
森林公園の入口まで車が上がれるようだ。ここからも以前は無かっ
た北尾根にルートが造られていて知井坂と2ルートになっていた。
頂上からの展望はもやが強く青葉山がはっきりとは確認できない状
態だった。今回の目的の知井坂から西の尾根には隣のピークまで
ちょっと狭い林道もどきの道が開かれていた。
d0178082_925629.jpg

全ての道が遊歩道もどきに広くなり、整備された当時は階段が多か
ったようで、横木止めの擬木の杭だけがあちこちに残っていた。
横木が腐って無くなっているほど私たちはこちらのコースから登って
いないことになる。さらに美山側では登山口に車を置く場所もなかった
が、今回の知井坂付近の様子をみると、美山が案外頑張っているよう
な感じがして、次は美山から知井坂へ上がることも考え始めた。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-19 09:07 | Comments(0)

トリカブト

ツボミのまま終るのかと思っていたこの花
が先日開き始め、日1日と色が濃くなって
いた。たった1本だが虫に食べられて、花
だけになることが多い。
何故か今年は全く葉が無傷で花も咲いて
くれた。
d0178082_8113437.jpg

昨日は4人の女性の写真展に午後から出
かけていた。実感したのは良く喋るのは女
性だけではない・・・と、いうこと。
久しぶりに出会った男3人、楽々で半日を喋
り通した。
今日は、今月3回目の名田庄・槙谷へ・・・
先日来の続きで、今回は長い間ここからは
登っていない、小松谷から八ヶ峰に登る予定
だ。
そろそろ通勤ラッシュも終る頃・・・出かけるか?
[PR]

by mossan0 | 2010-10-18 08:20 | Comments(6)

舟ヶ谷の滝

先の庵ヶ谷の滝の降り口の標柱に、舟ヶ谷の
滝まで55分と記されている。
降り口から上流に向って上がると、滝の上の
やや広い沢に出て、滝の落ち口にも行ける。
ここから沢を2度丸太橋で渡り返して沢を離れ
る。このとき沢奥にも綺麗な滝が見えていた。
道はないがヤブは混んでいないから簡単に行
けそうだ。
回り込んで山腹をトラバースし小さな源流帯も
横切り進むと最後に支尾根に上がる。
この支尾根に出たところに道標があり、ここに
「舟ヤ(ヶ?)谷滝まで30分」と書かれている。
ここから尾根を上がり腹を巻いてから下って行
くとこの滝に出る。水量があればすごい滝だが
標高が高く稜線が近いと云うことは、どうしても
水が少ないと思われるが・・・
写真で切れた上部にも少し小さなカーブした綺
麗な滝があるが右岸の樹木の枝で遠望しては
見えない。
d0178082_925260.jpg

昨日は綾部グンゼの集蔵の水墨画展に行った。
日本南画院所属の私の知人(舞鶴)も大きな作品
を出している。丁度、元綾部市長も来て座が一時
賑やかになった。
駐車場の隣では出来たばかりのバラ園のオープ
ンセレモニーの準備で人が多かったが、さらに帰る
ころには駐車場は満車・・・1時のバラ園開園を待つ
人が多かったが、私たちは花より団子・・・昼食に町
の食堂に向った・・・
[PR]

by mossan0 | 2010-10-17 09:48 | 風景 | Comments(0)

庵ヶ谷の滝

福井県大飯町と旧名田庄村が合併して
名田庄は今は大飯町になっている。
京都府の美山も将来は美山だけでは通
じないようになるかも知れない。この境界
稜線は低山ながら深山の雰囲気を残し、
江若国境へと続いている。
前にも書いたが、この稜線上で八ヶ峰の
知井坂~オバタケダン近くの高圧鉄塔ま
でが未踏のため、当面の目標となってい
る。その周辺の概念をつかむためにも・・・
と、槙谷に興味を持って入っている。
d0178082_857476.jpg

昨夜、綾部グンゼの集蔵で水墨画の会の
作品展が開催されているとの情報が入った
ので、この後出かける予定だ。
好天なので室内はもったいないとは思うの
だが、壊れそうな体を無理に使うこともない
と・・・連日の休養日にする。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-16 09:18 | 風景 | Comments(2)

庵ヶ谷の滝

福井県大飯町と旧名田庄村が合併して
名田庄は今は大飯町になっている。
京都府の美山も将来は美山だけでは通
じないようになるかも知れない。この境界
稜線は低山ながら深山の雰囲気を残し、
江若国境へと続いている。
前にも書いたが、この稜線上で八ヶ峰の
知井坂~オバタケダン近くの高圧鉄塔まで
が未踏のため、当面の目標となっている。
その周辺の概念をつかむためにも・・・と、
槙谷に興味を持って入っている。
d0178082_857476.jpg

昨夜、綾部グンゼの集蔵で水墨画の会の
作品展が開催されているとの情報が入った
ので、この後出かけるよていだ。
好天なので室内はもったいないとは思うの
だが、壊れそうな体を無理に使うこともない
と・・・連日の休養日にする。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-16 09:15 | 風景 | Comments(0)

ミカエリソウ

槙谷の滝傍にも咲いていたが、まだツボミが
多かった。2つの滝を巡って林道に登り着き、
下部は昔通ったことがある小松谷へ下ること
にした。小松谷に降りるまで林道は急な崖を
削って作られているが、2度ほどソフトボール
大の石が飛んで来た。頭に直撃を受けると間
違いなく・・・だが、幸い先を行く相棒と少し離れ
て歩く私との間に落ち、その直後がけの上で樹
木の折れる音がした。多分林道にときどきあっ
た糞から考えて、鹿が先を行く相棒に気づいて
慌てて逃げようとして落石を起こしていたのだろ
う。気をつけないと・・・
d0178082_95069.jpg

小松谷に降りると綺麗な小滝が次々あり、道端
や崖にはアキチョウジ・オカタツナミソウ・ミカエリ
ソウが咲いていた。ミカエリは葉が虫食いが多い
がここでは案外綺麗に残っていた。丁度ホウジャ
クがミツを吸いに来ていたのだが、滝を撮るのに
ISOを落とし谷底の暗さも影響してシャッター速度
が上がらず、慌てて撮った5枚全てが酷いブレでダ
メだった。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-15 09:29 | Comments(0)

オカタツナミソウ?

昨日は再度大飯町名田庄の槙谷へ滝探勝に
行った。集落の神社前近くの橋を渡って谷に
入って行くのだが、一つ目の滝の降り口までが
30分、その降り口から次の滝までが55分と、
地元の資料にある。問題はその先だと考えてい
た。二本目の滝から林道に上がる時間と、林道
から集落までの時間が判らない。と、云うことで
今回は1時間早く家を出た。
結果論だが滝巡りの道は、ほとんど急斜面の腹
につけられたへつり道なので、谷側に向っての転
倒や踏み抜きは厳禁・・・時間的には林道に上が
るより元に戻る方が早いのは判っていたが、登り
より遙かに危険度が高い下りが多いので、長い
林道歩きを選択した。
そんな林道歩きを小滝や花が楽しませてくれた。
d0178082_983620.jpg

滝のそばにもあったが、小松谷林道沿いにはミカ
エリソウが良く咲いて、まだツボミもたくさんあった。
森林公園から知井坂へ向う八ヶ峰の道をつかった
ときは、この小松谷の林道に降りてきたが、合流点
より上は初めての道だった。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-14 09:13 | Comments(4)

アケボノソウ

先日の弥仙山で今年久しぶりにアケボノソウ
を見た。
最近山野草を撮るのはほとんど望遠ばかり、
マクロを使わないからどうもピントが甘い!!
判っていながら山歩きにはマクロを持参せず
帰ってパソコンで拡大してはボツ!!の連続。
このアケボノソウもやや甘いと思うが、今日の
名田庄で撮ったものよりまし・・・? と、開き直
っている。
d0178082_1725427.jpg

今日は出勤時間帯がそろそろ終る頃に出発、大飯の
名田庄槙谷へ滝探勝に再度出かけた。
地元の方は上の林道から下った方が・・・と、云われた
が、予定の二つの滝の位置を想像して、地形図で確認
すると集落の中の橋を渡って支谷に入っていく、その橋
の標高と、多分登り切って出る付近の林道の標高差は、
350m・・・勿論とちゅうで山道から滝まで下ったり、山道
も登ったり下ったりはあるかもしれないが、登山のつもり
なら軽いハイキング程度だから・・・と、下から登った。
結果は滝より団子でなく、花・・・今ミカエリソウが咲き始
め、タツナミソウが満開だった。
[PR]

by mossan0 | 2010-10-13 17:11 | Comments(0)