mountain house


リハビリで山野草追っかけを目指して・・・
by mossan0
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳
はるさん こんにちは・・・
成生岬の先端と云うことは魚釣りですか?
Sさんがイベントの船で行かれた大スダジイ
の尾根を上がると三角点があり、そこから
先端へ降りる北の尾根は、少し厳しい藪の
ようでした・・・少し雪の残る方がいいか
も知れません・・・
村から魚付き林沿いに2度入ってますが、
三角点下の平地のヤブが酷くて、登りにか
かるころには時間切れでした・・・
金曜日は福知山でしたが、植物園へ立ち寄
ったときにその醍醐寺コースの話をしてた
んですが・・・やはり被害が出てますか?
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


おじろスキー場

昨日から兵庫香美町のおじろスキー場に
行っていた。今日はほとんど降らなかった
が、今朝の積雪は2m45cmあり、泊まっ
た宿でも落雪が危険だからと、大屋根の
雪を落としておられました。
ゲレンデは早朝には圧雪車でコースを
綺麗にしてもらってるのですが、昨日は
どんどん積もり、少しコースを外すと深
い雪の中に突っ込むので、見にくい降雪
の中を注意しながら滑っていました。
昼食休憩したゲレンデ内のロッジのつら
らも良く延びていました。
d0178082_21354587.jpg
d0178082_21353025.jpg

今日は朝から好天の兆し・・・8時半宿を
出て、3時過ぎまでしっかり滑りました。
それにしても、みんな元気です・・・

今日先ほどの綾部からの帰宅には、脇
道から国道に出るのに、少し下り坂と云
うこともありましたが、ABSは効いてま
したが、路面凍結でなかなか止まらず
ヒヤッとしました。明日朝はもっと凍結
してるだろうと思います・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-01-31 21:41 | 風景 | Comments(0)

昨日の舞鶴・・・

昨日は気圧配置は冬型ではないのに良く降った。
南海上を低気圧が進んでいたから、北の高気圧から
吹き込んだとも云えるが、もっと西風になると思ってた・・・
とにかく気温が上がらないから雪が融けないのだが、
それにしても雪は重すぎる。
午後になって急に自然文化園の雪景色を見に行くこと
になった。ところが入口前には除雪された雪の壁・・・
それでも、人の通路は雪がかかれて、扉までは行けた
が南京錠がかけられて、「雪のため土・日は休みます」
と書かれていた。丁度以前の写真クラブでご一緒して
いた方と遭遇して、雪の壁を利用して乗り越えようか?
と、話したのだが、例によって相棒がどんどん府道を
下って行くのを見ていたので、お別れして慌てて車で
後を追った。
d0178082_22335249.jpg

d0178082_22194058.jpg

中舞鶴から湾沿いを戻ったが、海沿いでも雪があった。
西市街地のR27でも車は少なかったが雪が残っている
場所もあった。
d0178082_22215343.jpg

今日は、綾部を7時に出発して1泊2日のスキーだ。
兵庫香美町のおじろが定宿なので、初滑りと同じゲ
レンデとなる。帰宅は明日の夜になるので、ブログ
は明日掲載できるか判らない・・・と、同時にワンダ
フル舞鶴の写真展も応募をあきらめることになった。
[PR]

by mossan0 | 2012-01-30 06:15 | 風景 | Comments(2)

三草山山麓・・・

三草山の山麓にある長谷の棚田は写真屋には
有名である。私たちも2度棚田の写真を撮りに
行ったことがあるが、日頃のマナーが悪いのか
作業されている方は、凄く嫌がっておられた。
才ノ神峠から車に戻るのに、その長谷を経由し
て戻る。今は厳寒期で誰も来ず静かな山里に、
青い煙が立ち上ってのどかな感じだった。
初めに道路際で案内標識を見つけて上がった
古墳は、可愛らしいものだった。と、云ってもす
ぐ傍でその部分だけを見ているのだから、周囲
の立木などを伐って、円墳全体が見られたら
もっと素晴らしいものかもしれないが、残念な
がら私にはそのような想像力がない・・・
d0178082_8451992.jpg
d0178082_845796.jpg

昨日は午後から時折霧のような細かな雨が
降ったが、夜には雪になりうっすらと積もって
いた。今日も積雪にはならないと思うが、雪の
一日となりそう・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-01-29 08:47 | その他 | Comments(4)

またまた三草山

昨朝は薄く新雪が積もり圧雪状態になっていた。
夜から南へ行くことに決まっていたが、出かける
ころには再び雪が降り始めていた。国道に出る
までは四駆を入れた。綾部から先は雪も降らず
増えてもいなかった。R173は対向車ばかりで
単独走行が多く快調に走り、雪の無いときとほ
とんど変わらず三草山山麓に到着した。
今回は北側からゼフェルスの森経由で登り、
才ノ神峠に下り周回した。
うららかな日差しの中、所々にうっすらと雪は
残っていたが、まだ凍ったままなのでスニーカ
ーで十分歩けた。
d0178082_922236.jpg
d0178082_9215079.jpg

目標にしていたお寺の傍の路肩に駐車したが、
その手前で見た古墳の標識に釣られて、古墳
まで行けばまた次の道標でもあるのだろうと、
山道を登って行ったが古墳だけの道で、それ
以外の道標は何も無く、お寺まで下ってすぐ
そばで作業されていた方に道を聞いて登った。
[PR]

by mossan0 | 2012-01-28 09:26 | 風景 | Comments(2)

初天神

次の冬型からの逃避は、剣尾山を京都府側から登る
とか、三草山を何とかの森から上がるとか・・・と、思っ
ていたから、京都へ・・・と、云われたときは耳を疑った。
さらに初天神! と、云われびっくりしたのだった。
d0178082_2339441.jpg
d0178082_23393332.jpg

それでも、梅が数輪ずつ咲いていたり、ロウバイが咲
いていて未だ良かったが・・・
円町から天満宮まで歩き、上七軒の少し東まで行って
昼食。食後はさらに堀川まで出て南下し二条まで下っ
て、東へ向い最後は文化博物館まで歩いた。
文化博物館からは御池から地下鉄で京都駅に行き、
えき美術館で新人の日本画展を見てから帰途につ
いた・・・
良く歩いた・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-01-27 08:36 | その他 | Comments(4)

舞鶴自然文化園3

昨日から寒波と云うことだったが、昼間はほとんど
降らなかったようだ。夜も降らず安心していたら、
今朝からの降り方は異常なくらい激しい。
自然文化園のうっすらと雪の被った風景でも撮り
にと思っていたが、このまましばらく降るようなら
とてもそんな優雅な話ではなさそうだ。
先日は池に太陽も映ったりしたし、先ず暖かかっ
たからのんびりとした時間を過ごせたが・・・
d0178082_8461813.jpg

帰りには青空をバックに冬枯れのメタセコイアが・・・・
d0178082_8472246.jpg

昨日は強い冬型で南へ・・・いつものように声が
かかったが、私もしたいことがあるから明日にと
云うと、25日でないと・・・とのこと。何故? と思
ったら、何を血迷ったのか京都の初天神に行こ
うというのである。どこからそんな発想が出てき
たのか判らないが、しぶしぶ出かけた。勿論そ
れ以外も歩き回るつもりだろうから、園部駅前
のいつもの駐車場に入れたが、平日と云うの
に一番近くは満車だった。この車も帰途に気づ
いたが初天神に出かけていた、おばさん達の
車がほとんどだった。
[PR]

by mossan0 | 2012-01-26 09:11 | 風景 | Comments(2)

舞鶴自然文化園2

シーズンには一目?万本のアジサイ園もひっそりと
静まりかえり、冬日の中で落ち着いたたたずまいを
見せていた。
初めて歩いた大変な数のツバキの林、全てに名前
が書いてあるが覚えようがない・・・
それらを外れると以前から訪れる、山野草が見られ
る昔からの山裾である。あと2ヶ月もすれば新しい芽
や花が見られる。
d0178082_8293366.jpg

d0178082_8291349.jpg

昨日は朝から重い雪かき・・・
そんな最中に軽い気持ちで若い女性が、街中に出か
けていたのか、自宅に曲がろうとして動けなくなった。
急なハンドルを切るから4輪全てが新しい雪を割り込
んで動くことになる。理屈が判らず冬タイヤさえ履い
ていればいいと思っているから怖い。この日は通勤
に向う男性は、ほとんど小さなザックを背負って歩い
ていた。実際国道以外は対向車が来ると、どちらか
が新雪の中に入らなければならないが、今の車は
車高が低いからすぐ腹を擦って動けなくなる。その
際入った轍をそのままバックすれば大丈夫なのだ
が、先の女性のように平気で前に急ハンドルを切っ
て出ようとするとすぐに動けなくなる。
でも、この日は国道でも大渋滞があったと昼のニュ
ースで見てびっくりした。
向かいの山は天候が良かったのもあって、雪は多
かったが登っている方も多かった。
[PR]

by mossan0 | 2012-01-25 08:47 | その他 | Comments(2)

舞鶴自然文化園

一昨日は舞鶴自然文化園へ久しぶりに行っ
て見た。私自身は冬に行ったことはなかった
が、写真では真冬の積雪のある風景を撮っ
ておられる方もある。私にそんな熱心さはな
いがこの日は珍しくポカポカ陽気で、手袋な
しでも冷たくなかった。
今までツバキの頃に見に出かけたことはな
かったが、ここのツバキは西武農場時代に
世界のツバキを集めていたので、愛好家の
方には有名らしい・・・
春のような陽気の日曜日と云うのに誰もい
なくて、初めてツバキ園の方も全てを回っ
た。
まだ所々雪が残って落葉の模様を競い合
っていた。
d0178082_84513100.jpg
d0178082_8445660.jpg

昼間は雨が良く降ったが、夜から雪になり
珍しく夜の積雪となった。今朝の気象台の
位置で28cmだそうだが、我が家周辺はも
少し少ないかも・・・でも、先ほどまで雪かき
をしていたのだが、重い雪で少しずつしか
川まで運べない。
大雪警報が出ているので、学校は休みな
のだろうが、まだ新聞が配達されないのと
ゴミの収集車が見えない。
歩いて出勤する方も多かったが、少しは
生活に雪の影響が出るかも知れない・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-01-24 09:03 | その他 | Comments(6)

剣尾山2

行者山経由で剣尾山に上がって、過去に下山に
しか使っていなかった、と云うこともあって登山道
のほとんどに見覚えがなかった。もちろん道も様
変わりに整備されていたし、細い直登が回り込ん
で上がるようにもなっていたようだ。
帰って調べているうちに、以前歩いた別のルート
も気になりはじめ、再訪は間違いない・・・
それにしても、以前は六地蔵と道向かいのこの
石仏群に気づかなかったと云うのは、やはり草に
埋もれていたか、道がこちらを通過していなかっ
たとしか思えない。
d0178082_8521057.jpg

この毛抜き岩と云うのも、岩の上にこんな塔が
立っている岩自体を全く覚えがない・・・
d0178082_8523070.jpg

昨日は、久しぶりの青空と暖かい天候に、やは
り午後から家を出た。
市内の自然文化園を歩こうと思ったのである。
日曜日の好天とあって沢山の人が・・・と、思っ
たが誰も居られず、仕事の方が一人だけ・・・
花のない園内のツバキ園・アジサイ園他、全て
をくまなく歩き回った。所々で消える寸前の雪
の上の落葉を撮ったり、無数のアジサイの花
跡の中のいくつかを撮ったり、一部咲いてたツ
バキを撮ったり・・・と、優雅な時間を過ごすこ
とができた・・・
d0178082_9155047.jpg

[PR]

by mossan0 | 2012-01-23 09:12 | その他 | Comments(4)

剣尾山・行者山

昨日は朝から南部も含めてあまり良くない予報だったが、
三草山の反対側のコースや剣尾山が気になるから・・・と、
要は何でも良いから南へ走れと言外に云っている・・・
R173は同じ道ばかりは面白くないからと、R27で園部へ
入りるり渓からR173に出ようとのこと・・・
小雨のようなはっきりしない天候だったが、丹波町付近か
ら小雨も上がり、少し望みも出て来た。昔の剣尾山登山口
の簡保が無くなり、今は能勢の郷となっている。ただそこは
有料との情報をもらったので、そのすぐ南にある玉泉寺脇
を抜けて奥に入る、行者山への登山口を目指した。
公衆トイレのすぐ傍に入口があり「おおさか環状自然歩道」
の標柱と行者山の云われを書いた案内板があった。
多分2度行者山からこちらに下っている筈だが、全く覚え
がない。桧の植林の中に木の階段がつけられ一気に登っ
て、すぐに行者山に到着した。この大きな岩と堂宇には見
覚えがある。
d0178082_8475061.jpg

ここから先も木の階段や道の整備に機械を入れたためか、
広い道が延びていた。確か昔は岩の多い狭い山道を歩い
たと思っているが・・・全く判らない。
半分以上は登ったと思われるころから雨が降り出し、傘を
持たなかった私は、そこからUターンをしようと思ったが、
丁度その先に林業の方達が仮の休憩所として作られた
と思われる、ブルーシートが上や横に張られ、薪を焚い
た跡のある場所があったので、その中に入り昼食にした。
昼食と云っても、入口を調べるだけで山に登る予定はな
かったから、たまたま持っていたビスケットとクラッカー
を分け合いお茶で誤魔化した。にわか雨を避けるためだ
と思ってゆっくりしたが一向に上がらず、私は一気に頂上
まで上がってから、駆け下って車で上着を乾かすことに。
相棒は傘を持っていたので、後からゆっくり登って道など
も調べてから下山するように打ち合わせた。
d0178082_8482069.jpg

別行動は毎度のことなので全く支障はない・・・
そこから階段を登った上に六地蔵があり、すぐに青少年
センターへの分岐、さらに月峯寺跡を過ぎて、休憩した
場所から10分で頂上に着いた。
d0178082_847136.jpg

霧の濃い頂上で証拠写真を撮ってすぐに下山開始。
相棒もすぐ下まで来ていた。後はひたすら駆け下った。
駆け下ったと云っても要は立ち止まらなかったと云うだ
けで、圧雪の凍った部分や少しぬかるんだところでは、
そっと歩いたのは当然であるが、長靴で登ったのが大
正解だったのは間違いない・・・
車に戻りヒーターをかけ、裸になって1ヶ所にした吹き
出し口にシャツを当てて乾かし、順次他のものも乾か
し終ったころに相棒も下山して来た。
雨はますます本降りで上がらず、三草山の反対側も
調べずに帰途についた・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-01-22 09:48 | その他 | Comments(4)