mountain house


リハビリで山野草追っかけを目指して・・・
by mossan0
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
> ふとめの猫さん お早..
by mossan0 at 10:53
おはようございます ..
by ふとめの猫 at 08:44
> つかさん こんにち..
by mossan0 at 17:11
こちらはなかなか梅雨明け..
by つか at 16:48
> ikikko104さ..
by mossan0 at 13:32
こんにちは。 少しは気..
by ikikko104 at 12:25
> ikikko104さ..
by mossan0 at 09:09
こんばんは。 毎日、暑..
by ikikko104 at 23:23
> ikikko104さ..
by mossan0 at 09:23
こんばんは。 サボテン..
by ikikko104 at 23:36
メモ帳
はるさん こんにちは・・・
成生岬の先端と云うことは魚釣りですか?
Sさんがイベントの船で行かれた大スダジイ
の尾根を上がると三角点があり、そこから
先端へ降りる北の尾根は、少し厳しい藪の
ようでした・・・少し雪の残る方がいいか
も知れません・・・
村から魚付き林沿いに2度入ってますが、
三角点下の平地のヤブが酷くて、登りにか
かるころには時間切れでした・・・
金曜日は福知山でしたが、植物園へ立ち寄
ったときにその醍醐寺コースの話をしてた
んですが・・・やはり被害が出てますか?
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
昨年の イワタバコ・・・
at 2017-07-28 11:07
カラマツソウ?
at 2017-07-27 10:14
キュウリ・ゴーヤ
at 2017-07-26 09:50
プランターとまと
at 2017-07-25 09:45
ピーマン
at 2017-07-24 09:27
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


養老山

やっと・・・と云うか、本当に久しぶりに
養老山へ登った。
朝の少しでも涼しいうちに・・・と、通勤
時間帯に出発、与保呂の林道を入った
現在通行止め看板のある、林道分岐に
車を置いた。
ここから先日歩いた右の分岐林道終点
の巡視路を使って、鉄塔青葉線25号に
上がり、そのまま尾根を上り詰めれば、
養老山頂上付近に出る筈だった。
ただ、現在の地形図にも林道は記載さ
れておらず、新しい高圧ルートも載って
いないので、谷や尾根から判断した推
測である。これが当たれば自己満足の
世界に浸れるので、ヤブ漕ぎは止めら
れないのもある・・・
d0178082_9554322.jpg

鉄塔を過ぎると急登の岩尾根だが、樹
木も太いのが多く、掻き分けて登るの
ではないので案外楽に進んだ。
d0178082_9584532.jpg

と、ここまでブログを進めて来たところ
で、玄関に来訪者・・・出ると、漏電検査
の方で全電源を1度落とすとのこと(当
たり前・・・でないと漏電は判るはずも
ない)で、慌ててパソコンを落とし、立会
いを済ませてから、再度やり直して今に
なった・・・
続きはまた明日にでも・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-07-31 10:02 | 風景 | Comments(8)

ヒオウギ

今年はいっこうに咲いて来ず、
消えたかな? と、云っていた
ヒオウギが、突然今までと違っ
た場所でぐんぐん延びて、とう
とう花が咲いた。
狭い場所だが、どこに何が出
て来るか全く予想できない・・・
d0178082_1453129.jpg


d0178082_1455725.jpg

今日はやっと念願の市内の養老山へ
登れた。
林道の分岐を辿って高圧鉄塔までの
巡視路を使い、頂上付近に直接出ら
れる筈と予想をしていたのだが、鉄塔
から先が全く不明だから・・・と、涼しい
朝の通勤時間帯に東舞鶴に向け走っ
た。ところが、鉄塔から先が思っていた
以上に厳しいヤブで、しかも途中で3匹
のマムシ家族に遭遇・・・2匹は木の穴
にいたが1匹が動いて外に出ると、私た
ちが進もうとしているヤブの空きを上が
り始めた・・・狭い尾根で巻いた先でま
た先方が先にいたら・・・と、動きを監視
し相手の動きと違う方を巻いて上に上
がったが、ここで案外時間を食ってし
まった。
主稜に上がると思っていた通り頂上は
すぐ傍にあったが、予定より遅れてす
っかり暑い時間帯になってしまってい
た。勿論家と違って少しでも風があれ
ば涼しく、下りでは汗も掻かない爽や
かさだった。
[PR]

by mossan0 | 2012-07-30 14:58 | Comments(4)

ユリ

先の植物園ではユリが豪華に咲いて
いた。私個人はササユリのようにひっ
そり楚々と咲くのが好きなのだが・・・
花折峠や権現山では全く花の写真は
撮っていないのに、今頃気づいている。
もちろん振り回されて?あったとしても
撮る暇もなかったが・・・
植物園のオニユリ
d0178082_8551711.jpg

同じくヤマユリ
d0178082_8554845.jpg


昨日のコメントで、権現山ではヒルに遭
遇せず・・・と、いただいたが、あの雨の
中きっちり相棒がやられていた。おまけ
に昨夜私もダニがしっかりくらいついて
いるのに気づいた。こちらは上仰木から
横川への道の可能性が高い・・・
やっぱり海に近い山が安心かなぁ~
[PR]

by mossan0 | 2012-07-29 09:00 | Comments(2)

アマチャ?

植物園で熱心にこの花の写真を撮って
おられる方がおられた。
ただのヤマアジサイ?と思って訪ねる
と「アマチャ」だと云われ、こんな大きな
白いのは初めてだから・・・とのことだっ
た。そう言えば子供の頃に時々採って
いた葉はもっと小さかった・・・
d0178082_9281986.jpg
d0178082_928567.jpg

昨日の権現山は良く濡れた。
いつもの通り、ついでに?で、山に上がるのに反対
するが全く相手にされず、途中のアラキ峠までで妥
協したが、先ず無視されるだろうと・・・
尾根のすぐ手前で左に分岐する道があったので、そ
れに入って尾根を越えるまで行って見た。そこは見
晴らしがありふと見上げると、日差しと反対側に黒い
雲が見えた。急いで元の分岐に戻りつつ、遅れてい
た相棒を大声で呼ぶと、遙か上の方で声が聞こえた。
峠近くまで上がっているようだったが、下山すると大声
で怒鳴ってしばらく待つ。がやはり無視?仕方なく峠ま
で上がるが全く姿は無い。全く予備知識がない山のた
めどれくらいで頂上か不明なのに・・・と、こぼしながら
急いで登る。途中で単独男性に追いつき、ババアが上
がらなかったか聞くと、上がって行ったと保証された。
それから一登り、満足そうに展望を楽しんでいたが、雨
が来ると伝え下山を促す。そこへ先の男性が登って来
られ、和迩駅を朝7時半から今までかかってここへ・・・
ここから蓬莱山まで行かれると言う話を聞いているうち
にポツリポツリ・・・
慌てて、お別れし駆け足気味に下ったが、アラキ峠では
深い植林の中でもしずくが当たるようになり、林道に降り
たころにはずぶ濡れ・・・車で着替えを済ませたころには、
裏の席から運転席へドアを開けて移動するのも諦めるほ
どの豪雨となり、しばらく小止みになるのを待って、運転
席に移り帰途に着いた。
[PR]

by mossan0 | 2012-07-28 09:55 | Comments(2)

カリガネソウもどき・・・?

先の植物園で北山門から入って
すぐのところに、カリガネソウに
良く似た洋花が咲いていた。
横文字が苦手な私にはとても
覚えられないから花名札を写真
に撮って来た。
d0178082_1634566.jpg

d0178082_1634135.jpg

d0178082_16332962.jpg

今日は、比叡の横川へ上がる滋賀側の
道で、最後の確認のつもりで早朝に起
床した。ところが出発時刻と起床時刻を
間違えていたから・・・と、約1時間のロ
ス・・・それでも、上仰木の墓地に着い
たのが8時半、それから元三大師道を
登った。
結果的には、以前???と思っていた、
展望台へ来ていた関電柱沿いの道を
使って辿り着いた。
早く結果が出たからと、帰途は花折峠
まで歩いたり、アラキ峠の確認の筈が
権現山へ上がってしまい、頂上から大
雨に遭い下り道をいくら急いだところで
国道までしっかり濡れてしまう等・・・
(懲りずに今回も傘を持っていなかった
・・・なんとかに付ける薬はやはりない
・・・納得)
梅の木まで戻ると道は乾き、朽木本陣
では「ウッソー! こっちに一雨欲しい
わ・・・」って云われた。
[PR]

by mossan0 | 2012-07-27 16:52 | Comments(0)

カリガネソウ

京都植物園ではレンゲショウマを
目当てにすると、カリガネソウはほ
ぼ終焉に近い・・・
姿形はなんとも云えない風情があ
るのだが、逆の意味で臭いには特
徴がありすぎる・・・
d0178082_964376.jpg


d0178082_97531.jpg

昨日は、日中風が北に変らず暑かった。
午後3時前には向いの山の上でも30度
あった。
今日も、朝までは良かったが、もうぐん
ぐん気温が上がっている。
でも、越前の和紙の里では先の豪雨で
大変だったようで、私の知ってる友達の
ところでも、やっと昨日から仕事を再開
したと、ブログで報告がされた・・・
負けずに、老体を励まして頑張ら無く
ちゃ・・・(何を???)
[PR]

by mossan0 | 2012-07-26 09:13 | Comments(2)

レンゲショウマ

昨日は京都府植物園に出かけたが、
第一目的はこの花だった。
昨年は咲き始めたばかりで、1株だけ
に花がついていたが、今年はあちこち
で花が咲いていた。未だツボミも沢山
ある。たまたますぐ傍で三脚を立てた
方と、良いときに来たとうなずき合う。
カリガネソウはもう終り寸前だと思う
のだが、相棒に言わせればこれから
だろう・・・と、お互い目の前で見てい
ながら判らないのだから・・・
巨大なユリも数種類咲いていたが、
大きな花は苦手で敬遠する・・・
d0178082_9241654.jpg
d0178082_9235825.jpg

駐車場に車を置いたままで、地下鉄
で御池まで出て、文化博物館で若い
学生さんたちの日本画を見せてもら
った。食後寺町の画廊巡りをしてか
ら植物園に戻ったが、北山の門を入
った途端に大粒の雨が降り出し、す
ぐに風も吹いて荒れた天気に一変
した。生憎傘は車の中で、園の反対
側の正門まで行くのは無理・・・10
名ほどの降り込められた方々と、軒
先で1時間も雨宿りする羽目になっ
てしまった・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-07-25 09:31 | Comments(4)

京都トレイル?

先の八瀬から登って大原に下山したルートは、
一部は京都一周トレイルで、また一部は近畿
自然歩道にもなっている。
八瀬の国道沿いに「登山口」と云うバス停があ
り、すぐ北の川沿い入口に、今までも見たり歩
いて来た「元三大師道」の石標がある。
ここから横高山にほとんど直登の道を上がっ
たが、入口から少し上がった沢渡りで、最初の
難関に遭遇・・・さらに、水井山から仰木峠経由
で、大原の戸寺に下山したが、急な下りに注意
とあったが、別に下りは普通だったが、ほぼ下
りきった頃に、また沢の橋が崩れて渡るのに苦
労した。
一枚目は、登りの沢を倒木を使って渡る様子。
二枚目は下りの壊れた橋の状態で、この下流
側に流れに置かれた一本丸太を恐る恐る渡っ
た。
d0178082_2291195.jpg


d0178082_2293860.jpg

今日は朝から京都へ・・・
八瀬・大原へ行った勢いから、北から植物園
に行こうと云う・・・ほぼ、強制があった・・・
目的の花も咲いていたし、駐車ついでに電車
で文化博物館へ行って、若い人達の日本画
を見せていただいた。
ところが、電車で北山まで戻って植物園に入
ったトタンに大粒の雨が降り出し、そのまま
北山側の屋根のある施設で10人ほどが雨
宿りとなってしまった。うっかり傘を車に置い
たままだったので、身動きできなかった。
30分ほどして少し小降りになった頃には、み
んな傘をさして出て行かれたが、傘のない私
たちと伏見から自転車で来ておられた方の3
名は1時間近く動けず、今日は早く帰宅する
と云ってたのに、6時近くになってしまった。
[PR]

by mossan0 | 2012-07-24 22:16 | 風景 | Comments(0)

ヤブミョウガ

昨日から、京都府植物園の早朝開園に合わ
せ、早朝ドライブで朽木・大原経由で行こうと
云われていたが、なんとか今日は免れた・・・
一番暑いころの午後2時過ぎに、向かいの山
に上がったが、頂上の気温は28度だった。
海風(北)が良く吹いていたから、気温が上が
らなかったようだ。こんな日は夜の陸風(南)
もそよそよと吹き抜け涼しい。
エアコンのない我が家ではこれだけが頼りで
ある・・・
先日大原に下山して国道を歩いて八瀬に戻
る途中、茂みの中でヤブミョウガが真っ盛り
だった。
d0178082_8494313.jpg
d0178082_8492828.jpg

今日は素直に1日絵を描くつもりだが・・・
思うように過ごせるかどうか???
涼しい朝のうちに稼がないと・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-07-23 08:54 | Comments(2)

クガイソウ

とうとう時期を外してしまって、この花に
会いに丹後半島に行けなかった。
昨年撮ったものだが、何度見ても伊吹
や信州で見たものとは全く別種と思う
ほど、繊細な風情だ・・・
d0178082_932718.jpg
d0178082_93133.jpg

昨日は案外涼しく、南よりの風だったが
蒸し暑くもなかった。
少し外出のフェイントもかかって来たが、
逃げ出すような暑さと違って、強制命令
はなかったので、無視をして向いの山で
終った・・・
[PR]

by mossan0 | 2012-07-22 09:07 | Comments(4)